スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お名前.com



スポンサーサイト

低価格で最高クラスのレンタルサーバー






低価格で最高クラスのレンタルサーバー

tweetableエラー書き込めない

ワードプレスに、プラグインのtweetableを入れたのですが、うまくツイッターに書き込んでくれませんでした。

遊びとお勉強の村様の
tweetableで読取専用になってしまう件を対処する

を見つけました。

引用

結論から言うとtweetableインストール後、一回Twitterの許可を消して、再度設定する方法を取ればいいんです。開発者用のアプリ設定で読み書きアクセスに変更しただけではダメです。必ずいったん許可を消す必要があります。

普通にtweetableをインストール・設定すると、Twitterのアプリ連携がどうしても読取専用となり、wordpressの更新つぶやきや管理画面からTwitterへ書込みに行くことができません。

どうにかしてTwitterのアプリ連携を読み書きアクセスにできればいいわけで、そのためにはまず許可を消す必要があります。全体としての手順は以下の通りです。

1.Twitterにログインして「設定」>「アプリ連携」を開く
2.ブログからの書込み許可を消してしまう
3.開発者用の設定画面へアクセスし、ブログからの書込みを「読み書き(Read&Write)」にする
4.wordpress管理画面からtweetableを再設定する



解決しました。
ありがとうございます。

EC-CUBE(2.11)をインストールした後に、独自SSLに変更

EC-CUBE(2.11)をインストールした後に、独自SSLに変更する場合。

data/config/config.php

define ('HTTPS_URL', 'http://■');

という部分を↓

define ('HTTPS_URL', 'https://■');

とsをつけてアップすればうまく動きました。

■はそれぞれのURLです。

ダウンロード販売が出来るようになったEC-CUBE2.11

EC-CUBE2.11からダウンロード販売が出来るようになったようです。
商品がPDFなどの場合、注文を受けて入金済みにすれば、お客さんのMYページからダウンロードすることが可能です。(お客さんは会員登録しないといけませんが)。いいですね。
長期間使ってます。
デジタルショップ


Webサイト作成 ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。