スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EC-CUBE(2.11)をインストールした後に、独自SSLに変更

EC-CUBE(2.11)をインストールした後に、独自SSLに変更する場合。

data/config/config.php

define ('HTTPS_URL', 'http://■');

という部分を↓

define ('HTTPS_URL', 'https://■');

とsをつけてアップすればうまく動きました。

■はそれぞれのURLです。
スポンサーサイト

ダウンロード販売が出来るようになったEC-CUBE2.11

EC-CUBE2.11からダウンロード販売が出来るようになったようです。
商品がPDFなどの場合、注文を受けて入金済みにすれば、お客さんのMYページからダウンロードすることが可能です。(お客さんは会員登録しないといけませんが)。いいですね。

シックスコアにEC-CUBE2.11

シックスコアにEC-CUBE2.11をインストール。

ワンクリックインストールを使えば、簡単にEC-CUBEをインストールが出来ますが、dataフォルダをweb上からみえない上の階層に持っていきたいので、自分でインストール。

『※公開ディレクトリ(public_html)より上位に接続するには、サーバー側のパスを公開ディレクトリより上位に指定したFTPアカウントを追加する必要があります。』

ということなので、

コントロールパネルの左のメニュー
メンバー管理ツール→サーバー→アカウント

から、右の方の『サーバー管理ツール』をクリック

FTP→FTPアカウント設定→選択→FTPアカウント追加
パスの所の記述を削除

この情報でFTPの設定をし、接続。

インストール先は独自ドメインのトップなので、htmlフォルダの中身をサーバーのpublic_htmlにアップ。
dataフォルダはpublic_htmlと同じ階層にアップします。

バージョンが違うので記述されている行が違いますが、
注文者にだけ、注文確認メールが2通届く(ヘテムルにEC-CUBE)

と同じように該当する所を修正。


文句なし大容量50GB、月額1890円~

マルチドメイン対応ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】

ヘテムルにEC-CUBE2.11

ヘテムルサーバーにEC-CUBE2.11をインストール。

基本的にヘテムルのマニュアルを参考にインストール。

独自ドメインで運営しているサイトにshopフォルダを作ってアップ。

htmlフォルダの中身はshopフォルダに。dataフォルダは上の階層のwebフォルダと同じ階層にアップします。

■shopフォルダにアップした、define.phpを編集。

/** HTMLディレクトリからのDATAディレクトリの相対パス */
define("HTML2DATA_DIR", "../data/");

define("HTML2DATA_DIR", "/../../data/");
に変更。


に書き換えアップし、http://アドレス.co.jp/shop/install/にアクセス

>> ×:PHPの設定ディレクティブ「magic_quotes_gpc」が有効になっています。
ec1.png

と出るので、ヘテムルのコントロールパネルの『 php.ini 設定 』のPHP5.2を選んで、
ec_3.gif
「magic_quotes_gpc」をoffに。

これでインストールオッケー。
あと、バージョンが違うので記述されている行が違いますが、
注文者にだけ、注文確認メールが2通届く(ヘテムルにEC-CUBE)

該当する所を同じように、修正。

というところまで終わりました。

ロリポップにEC-CUBE2.11.0

EC-CUBE2.11.0のテストでロリポップにインストールしてみました。

EC-CUBEの設置 / その他 / マニュアル - ロリポップ!

を見ながらインストール。

2.インストールウィザードの開始
http://hogemoge.lolipop.jp/shop/にアクセスすると、インストールウィザードが開始されます。
のところでエラーがでました。

で、ロリポップの管理画面の

WEBツール→php設定→php.ini設定変更→そのほかの

magic_quotes_gpc

safe_mode
をoffにしたらうまくうごきました。

詳しく検証などしていませんが、備忘録として。
長期間使ってます。
デジタルショップ


Webサイト作成 ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。